ご祈祷について

埼玉県朝霞市根岸台5-10-8 電話番号048-461-2429

日蓮宗 本覚山 日英寺別院

日英寺 別院について
ホーム日英寺 別院について > ご祈願・ご祈祷について

日蓮宗 本覚山 日英寺別院 日英寺 別院について


当山は、山梨県の身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗の寺院です。
昭和24年、開山 泰慈院日霑上人がこの地に妙法弘通の依所として立正信行結社を創立し、第二世 泰心院日晃上人・第三世 泰龍院日要上人が、日霑上人の弟子になり同結社住す。
昭和49年5月結社創立25周年を期して、寺号公称の允可を受け、本覚山 日英寺別院と号す。
その後、日霑上人・日晃上人・日要上人共に苦労を重ね、報恩謝徳 祖願達成を願い檀信徒一丸となって本堂・客殿庫裡の寺構を整備し、昭和61年10月 日要上人第三世の法燈を継承し、日晃上人長年の念願だった水子観世音菩薩像を建立し、平成18年4月 沙門 泰温院日雄が第四世の法燈を継承し現在に至る。
本堂には、高祖 日蓮大聖人御尊像をはじめ祈祷根本鬼形鬼子母尊神・安産 子育ての子安鬼子母尊神、境内には水子観世音菩薩などの仏像が安置されています。

本覚山 日英寺別院
第四世 泰温院日雄 野本好海
ご祈願・ご祈祷について

祈祷とは神仏のご加護を願い、災いを除き福を招き、所願を祈る事です。強く祈る事により現世は安穏になり、大難が小難、小難が無難に転じ、祈祷の威力が強く現れます。人生には数々の節目があり、魔が入ることも多く、そういう時にこそ、悪い運気を吹き飛ばし、善い運気を導いてくるのがご祈祷です。当寺では日蓮宗修法師(※)がご相談をお受けし、加持祈祷を執り行います。

※しゅほっし~修法師とは~
加持祈祷を執り行う修法師は、世界三大荒行の一つである日蓮宗大荒行堂で、11月1日から2月10日までの100日間、正中山法華経寺にて壮絶な苦行に身を投じ、自らの霊験を高め、秘伝の修法を授かります。この真冬の100日間の修行では、2時間半ほどのわずかな睡眠時間と質素な食事の時間以外は一日7回の水行と読経に明け暮れます。


日英寺別院ではさまざまなご祈願をしております


■厄年早見表■

  男性 女性 男女
前厄 昭和
46年生
(41歳)
昭和
63年生
(24歳)
昭和
51年生
(36歳)
昭和
55年生
(32歳)
平成
6年生
(18歳)
昭和
27年生
(60歳)
平成
21年生
(3歳)
本厄 昭和
45年生
(42歳)
昭和
62年生
(25歳)
昭和
50年生
(37歳)
昭和
54年生
(33歳)
平成
5年生
(19歳)
昭和
26年生
(61歳)
平成
20年生
(4歳)
後厄 昭和
44年生
(43歳)
昭和
61年生
(26歳)
昭和
49年生
(38歳)
昭和
53年生
(34歳)
平成
4年生
(20歳)
昭和
25年生
(62歳)
平成
19年生
(5歳)


3,000円より
※ご祈願の内容により異なります。
お問い合わせ
048-461-2429
日蓮宗 本覚山 
宗教法人 日英寺別院 代表役員 野本好海
351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5-10-8

HOME

年間行事

水子供養

祈願祈祷

別院について

お問い合わせ

ご相談
メールでのご相談も承っております。
その他
日英寺別院について

日蓮宗 本覚山 日英寺別院 
351-0005
埼玉県朝霞市根岸台5-10-8
048-461-2429
 

ページ上部へ

ホーム | 年間行事 | 水子供養 | 祈願・祈祷 | 日英時 別院について | アクセス | お問い合わせ